ガラスの目をした猫とトコトコ

とりとめのない話をします

透明な君たちへ

BUMP OF CHICKENのrayが好きなので藤原さんのコードをじゃんじゃか鳴らしながら一人遊びしてたら、なんだかノスタルジックな気持ちになったので少しだけ何か書きます。





rayは初音ミクBUMP OF CHICKENがコラボしてる曲でもあって、初音ミクとコラボしたrayの音源もDL販売してるほかにWILLPOLIS2014の東京ドーム公演だと一緒にライブまでやってるんですね~。



まあこのrayについてとか他のものについてもちょっと思ったこととか色々書いてこうかなってことで。



BUMP OF CHICKENのray

「生きるのは最高だ」っていうところが一番好きなフレーズなんですけど、rayより前の曲でこういう直球な言葉って無かったかなと思って。
いつか再会するためにまだ歩いていこう。
歩いていく以外選択肢はないけれどその道中には力になるなにかがある。
まだ生きている。
こういうことを他の言葉にして歌ってきたけれど直接言葉に出たのは初めてなのかな?なんて思ったり。

ギルドは似てるかなと思ったけどあれはもうちょっと心が下層に行ってるというか切り口が違うかな、と。
rayも明るいサウンドに比べて詞の内容は喪失についてだからココロの暗い部分を描いてはいるけども。



君とお別れしたことで見なくちゃいけないものとそろそろ向き合うときがきたり痛みを感じたりすることもあるけど、君とお別れしてひとりになったからこそ、ひとりでも君と見たものが消えた訳じゃないって気づけたわけで、

「ひとり」っていう単なる事実がなにより重いのを知ってるBUMP OF CHICKENだからこそ、「孤独」って言葉を使ったりしないし「ひとり」でいる人たちのもとに歌が届いてるんじゃないかな?といつも思います。

こういうことを考え始めると社会のシステムとかに問題を投げ掛けるとか自分を見つめ直すとかが起きがちだけれどそういうことではなくて、「だって、そんなこと言ったってそうじゃないか」っていうことをネガティブに投げてきたりとかするわけでもなく、同じようにそんなことを考えてる人に手を伸ばすべく彼らが限界まで煮詰めたものが音楽になってるんだなあとは感じます。

思ってることを書こうとするだけでも、これはだいぶ身に染みるというか言葉にならないときがあるからね。



長くなりましたけど要するに「無くしてばっかりだけど、無くしたのかな?」って話が好きだなってだけですね。



初音ミクのray

初音ミクとコラボしてる以上はこれを歌うミクの物語もまた自然に生まれるっていうか、思うところがあるのもまた面白いかな?



まあrayの歌詞をそのままミクというキャラクターのストーリーに当てはめるというか、BUMPの物語性があればそれは簡単だと思います。
簡単だと思うけど、その中でもグッとくるのは「透明だから無くならない」ってフレーズですかね。



最近はバーチャルYoutuberの存在とかもあって初音ミクっていうものの認識がまたちょっと変化してるように思うけど、それでも言ってしまえば初音ミクっていうキャラクターが在ることはこっち側に委ねられてるわけで。

いつどのタイミングでミクがいなくなるのかっていったら自分が忘れたときで、「人に忘れられたときが人が死ぬとき」なんて言葉もありますけど、自分が思うのは自分ひとりが忘れてもその人が寿命を迎えるまでは事象として存在してるわけでいなくなるっていうプロセスが2段階あるわけじゃないですか。
当然rayは事象の話としての内容はあるけど主題はそっちじゃないかなって思いますが。

ところが初音ミクは人の数だけ存在するけれどそれぞれの初音ミクがいなくなるのはたった1度のタイミングというか。
うまく説明出来てなくて申し訳ありませぬ。



じゃあミクっていう存在を忘れたら何も残らないのかっていったらやっぱ無くならないわけで、ミクを通して聴いてきた楽曲とかで自分の感性がちょっと変わったり、なんかやってみようかなとかとにかく何でもいいからゆらぎみたいなのが出来ると思うんですよ。

そのゆらぎがそこにいた証拠というか、消えてないというか。
これまんま生きている人間にも言えることだからミクに置き換える必要なかったかもしれないですけど、ただミクという彼女の迎えた忘却が早かった人とかは思うところがあるんじゃないかな?と。



あとはさっき言ったように事象としてミクがいなくならないというか、喪失の話とは違うけど再び会えますからね。
あの時聴いてた曲はそういえば…とかどんな形でも思い出せば。
ただ、いなくなったことについてちゃんと考えてるかな?っていう契機にはなるかなと。



この文書いてる数時間前にふとVOCALOID楽曲のことを考え出したので、ミクが帰って来たというかもう一度出会ったというか、なんかタイムリーな感じになったので思ったことを書いてみました。

ミクの話この辺で終わりますがもう少し続きます。



・何処にいるかはわからんけど

無くしてばっかりで誰かに何もあげられなかったと思ってたけれど、実は無くなってなかったりあなたがいることで助けになってた誰かがいるんですよってお話が好きかなっていうだけの内容です。



受け取ったと思ったものがいや、実は受け取ってないんじゃないかとか、無くしちゃったんじゃないのかとか、目を背けてるだけなのかとか一時のテンションの高まりみたいにある時ふと感じてしまうことが自分は多いので、ある意味そんなことないぞって自分に言い聞かせる内容になりますね。

まあこれ書いて数時間したらまた目を背けてるだけなのかってなりそうですけど。



でもやっぱり自分がそんなんだから勝手に共感じゃないけど、自分の心の中の何処にいったのかも分からない彼らに貰ったなって感じることもやっぱあって、
それは僕にとっては


f:id:little-demon-uma-u-ma:20180904003549j:plain


自分の居場所など無いと思ってたのに自分を見てくれる人とか、頼りにしたい人が出来たり逆に自分を頼りにしてくれる人が出来たり、何度気づいてもまた何度も否定されて、そしてその後また何度も気付いてきた桐山零くんの姿だったり、


f:id:little-demon-uma-u-ma:20180904003856j:plain


そもそもこんな自分のことすら考えてなかった自分を、普通ってなんだろうとか残るってなんだろうとか前に進んで戻ってきて、また前に進んでその姿をもって多分変えてくれた9人の姿だったり、



彼らから得たと思っていることを否定したり忘れたりそういう日って多分どっかで来ると思うんですけど、
透明な彼らが自分と共にそこあったことは多分この先身体に染み込んでるといいなっていう、まあただの願望なんですけど、残ってたらいいなって思います。

そういう風にこのまま感じていけたらいいなって。




・おわり

別に大したこと書いてるわけでなく結局どこかで通らなきゃいけない過程について長々書いただけなのでまあ中身があるわけでもないかもしれないです。

というよりこれほとんど自分宛のメッセージになってると思いますけど、まあ普段頭わるわるなことしか言ってないのでこういう風にちょっとくらい知恵絞る機会も大事かな。

自分は他人に議論というか、文章読んだ後にこう考えさせたり心に置いてくようなものは書けないですけど、それでも今これを読んでいる方がいるのなら凄く嬉しいです。





書くことがなくなってきたのでこのへんで終わります。

ありがとうございました。