いちリトルデーモンの墓場

創作物の感想の雑記を載せます

おたおめのembrace

f:id:little-demon-uma-u-ma:20180714150654j:plain

7/13が津島善子さんのお誕生日だったので何か出来ることあるかなと模索した結果。

BUMP OF CHICKENのembraceを捧げようということにしました。同じBUMPのプレゼントでもよかったかもだけどね。

embraceって別に善子の心情を表してるかって言われたらそういうわけでもなくて、むしろAqoursのメンバーだからこそ救いになった善子とは反対の、人と触れあうことを強く求めていても「あなただから」とかそういう言葉じゃなくただ自分に欠けた温もりを埋める人が欲しいというだけのエゴの歌なので。

ただ、そういうエゴを含めて他者を愛しいと思えるすんばらしい歌なので今回は彼女の有り様っていうよりはこっちの世界→彼女に向けたメッセージみたいなものに仕上がってればな…と思います。



今回もギター歌唱ともに拙い感じになってる(しかも声が基本的に小さすぎた)のでお聞き苦しい点もあると思いますが、よかったら足を運んでみてくだされば…



あと今回embraceを弾くにあたって歌詞をBUMPがライブで歌詞変えする(というより初期案の歌詞)ものにしてみました。
embraceに歌われているような呼吸や匂いを感じることはこっちの世界にいる自分にはできないことなので、あの歌詞ぴったりかなと思って変えたやつでやってみました。というよりも進めてたら元の歌詞よりそっちが出てきたのである意味心のままのものかなってことで。
歌詞変えどこだ~っていうのも良ければ探してくだされば嬉しいです…といっても答えは前に書いたユクドラシルの記事に載ってたりしますけど。



まあそんなに誕生日というものを重い楔みたいにしたくないのもあるのでこれ以上深い話は今はしなくていいかなということで、このお話はこれで終わります。

というわけであらためて津島善子さん、お誕生日おめでとうございます~。
これからも並んで歩いていけるようにどうにか立っていきましょ~。

衝動

5月に初めてDIR EN GREYのCDを買ったんですよ。
UROBOROS」のリマスターと「人間を被る」の2枚を。

某ゲーム実況者の歌ってみたやyoutubeの公式で前々からちょびっと曲は知っていた状態でしたが、ちゃんといろんな曲聴いてみたらあらためて凄いなあと。
京さんの音域とかデスボ関連の技術もそうですけど、あの世界観、僕の大好きなBUMPとは正反対に人の痛みとか罪を歌っていくスタイルと曲の格好よさに完全に惚れ込んでしまいました。



その後も今年出たベストアルバム借りたり(予感ほんと全てが気持ちよすぎてすき)、「残 -ZAN-」のCD買ったり、もう解散してしまったものの音楽性が変化する以前のDIRの様相を取り込んだグリーヴァのCD買って聴いてみたりとかしてみたんですけども。

それらの音楽は基本的に放送禁止用語連発の歌詞だったり人の死に様があまりにも派手に描写されたりダークな面だったり破壊衝動のようなイメージが聴いてると沸いてきて、さっきも言った通り僕の好きなバンドのように日常を生きていく人の強さとかの話ではなくむしろそういうものを破壊する話が出てきて。そんな傷を残してくるような音楽聴いていて一体どうなるんだ…とか前までは思っていたのですが。



思ったのは破壊衝動もやっぱり生きている誰かの強い感情が作用しまくってるもので、いとも簡単に曲中で人が死んだり残虐行為が横行するような生をブチ壊しにいくその衝動が、ハッピーエンドの歌では成し得ない体の底からエネルギーを生み出せるような感覚になるためのスイッチになるのだなあと。ブチ壊すというのも悪い意味だけでなくいい意味に作用することもありますし。

まあ本音を言えば痛い思いはもちろんしたくないわけですけどもね。



というわけでDIRが格好いいという話とダークな曲イイ…っていう話がしたかっただけの文章でした。

あとデスボの練習したら喉はもちろん何故かアゴも痛くなってきたのでみなさんも気を付けてください。僕もこれで喉が潰れたら末代の恥なので控えようと思います。

かっこいいね。

紙飛行機



7/5でBUMP OF CHICKENの記念撮影がリリースされてもう一周年になるということなので、自分でも凄く好きな曲ということで下手ながらちょっとだけギター弾きつつ歌もやってみました。



f:id:little-demon-uma-u-ma:20180703082327j:plain

イメージはこんな感じで。



記念撮影には紙飛行機がモチーフとして出てくるんですけど、もともとHUNGRY DAYSのアオハルが(多分)テーマだったし、かといって色恋沙汰に寄せるんじゃなく思春期特有の浮わついた感覚と段々と自分の未来のレールが見え出してくる2つの曖昧な時間にいることのお話だからこそ、全く異なる2つのものもこういう情景や等身大の像を通して自分のなかでスペースを共有できてるのかなって思います。



まあ自分もそういうモラトリアムの中にいる最中なのでそういう意味でもあれに力入ってる部分はたぶんあります。後は千歌ちゃんのことを考えながらやってみたので良ければ聴いていって下さい。

というかメロディーが良い感じだと思ったら本家様のBUMP OF CHICKENを無限に聴いてくだされ…



Aqoursもそれを取り巻く僕も、BUMP OF CHICKENもそれを取り巻く僕も、僕自身も全てやっぱり歌詞の通り終わる魔法の中にいることは変えられない事実で、それでも今自分の心が揺れたものを飲み込んで自分のなかで新しくなったものを人に少しでも返せるように出来たらいいな~とか考えてるもののまあ明らかに綺麗事だし難しいですね。

結局傍観者にしかなれないからこそ傍観者としてやるべきことを考えないとと常々思います。傍観者だとしても自分の日常を生きていけているならそれはもう返しているのと一緒だとは考えてますけど、それはまだまだ思ってるだけだからね。

Re:写真集発売おめでとうございます

某女性声優さんの写真集のタイトルが「R.A.」でモロかぶり(?)だったので、自分なりに歌う相手を変えて再解釈して気持ちを込めて弾きながら歌いました。

歌もギターも下手くそなので多分数日もせず消します。
イントロがやたらムズくて一回も弾けてない…

P.S.
録り直しました。でも前の方がうまい部分もあるしイントロも変えてみたものの移動がスムーズにいってないからあんま変わらないですね…😢

行こおおおおおおおおおおおおおう



新曲の発表とPATHFINDERさいたまスーパーアリーナ公演の円盤きたあああああああああああああああああああああああああああああああああ!



ここのところレコーディング風景がよくTwitterに上がってたけど新曲発表じゃなくタイアップのリリース日が先だと思ってたから嬉しいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!



しかもPATHFINDERの円盤は曲目に入ってない弾き語りのSpicaも入ってるときたもんたし買うしかないよなあ?
ライブCDもあるし楽しみいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!



望遠のマーチ、試聴聴いた感じめっちゃ好きだわ…



てかてかてか。



CDに未収録のタイアップも色々溜まってきたし。

そろそろくるのか?

来てしまうのか?



待ちきれねえ…

ぷよぷよ

f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618184848j:plain

皆さんはぷよぷよというゲーム、遊んだことはありますか?



説明するまでもないと思いますがぷよぷよは同じ色を4つ集めて消していくっていうシンプルなパズルゲームなんですけど、これがすごい面白いんですよね。

便利な世の中なのでこういう上級者の試合なんかも簡単に観れちゃったりするわけですけど、こういうのを観るとこのゲームは敷居が高いと思われがちなのでどうせならこのブログを使ってぷよぷよを知らない人にも知ってるけどやっていない人もにもぷよぷよって面白いよっていうのを伝えてみようかなと思います。



ちなみに自分はぷよをちゃんとやるようになって2年経ちますが未だに「ぷよぷよクロニクル(後述)」の最高レートは2300前半(レートのスタートは2000から、中級者以降は2500~くらい)のよわよわぷよらーなので、あくまでぷよ好きの中級者未満へたっぴぷよらーと一緒に始めようっていう感じの内容で見て欲しいなと思います。
というよりあまりにガチな戦術については語れないし自分自身実行できないので。あしからず。



連鎖

このゲームに初めて触る人はどういう風にぷよを積み上げていけばわからないのでいわゆる「カエル積み」になっちゃうことが多く、上手く連鎖出来ずすぐに飽きちゃうこともしばしばあるのでまずは連鎖難しくないよ!という簡単な説明だけします。

カエル積み(言うほどこれカエル積みか?)
f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618190420j:plain


連鎖のさせ方がわからないのでとりあえず同じ色を固めて適当に発火…というんじゃなく、まず定型を覚えれば5連鎖6連鎖、ひいては10連鎖以上を「組む」ことは誰でも出来るようになるので、それをまず紹介します。



階段
f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618190744j:plain

見たまんまですね。3つ同じ色を積んで、隣に残りの1つを置いて…を繰り返していく定型。画像のやつを見ればわかるようにこれだけでもう5連鎖になってます。

実践だと隙がデカいので基本的に始めたばかりで連鎖させてみたい!とか今後続けていくにあたって一応階段の原理で連鎖を伸ばしたりっていうこともやるようになるので、まずは連鎖させる実感を得るためにもトライしてみて欲しいです。



カギ積み
f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618191130j:plain

カギ爪のカギみたいな形の定型。
画像は6連鎖ですね。さっきの階段より1連鎖伸びてます。

だんだん連鎖のさせ方を覚えるようになって挟み込むように伸ばすことがわかってくるとベースがこれになってるんだなあなんて思うようになるんですけど、始めたてだと結構この形難しいんですよね。でも、この形通り組む必要はなくても原理を覚えておくと後々いいことあるなって個人的には思います。



10連鎖にトライ
さっきの画像だと5連鎖とか6連鎖で止まってるんですけど、そのうち慣れてくると発火点(ぷよの消し始めの位置)をどんどん伸ばせるようになります。

例えば、

f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618192049j:plain

階段ならこんな形とか、

f:id:little-demon-uma-u-ma:20180618192143j:plain

カギならこんな形とか。



実際の対戦でこんな典型的な形で組むことはあんまりない(たまにこれで組んですごく強い人もいる)ですけど、まずは連鎖を組んでみてその爽快感とかを体験して欲しいです。



対戦ツールとか練習ツールとか

最近のゲームは便利なので周りに人がいなくてもオンラインで対戦できるのですごいね。ということで現状対戦できる(出来るというより推奨)ツールと、こんなの使って練習できるよっていうのを紹介します。

ぷよぷよテトリス(いろんなハード)
最近のハードほぼ全てに出てるので手を出しやすいと思います。名前の通りぷよぷよテトリスで対戦できます。(もちろん同ゲーム対決もできる) おすすめはバランスが修正されてるPS4/switch/steam版ですね。ただ通ルール以外の対戦は基本大味なので通ルールガンガンやりたい人向けです。
ちなみに私はPS4版でたまに遊んでます。steam版は海外の方がキャラの声をあててるみたいです。



ぷよぷよクロニクル(3DS)
現時点でのぷよシリーズ最新作。3つのルール(通、フィーバー、スキルバトル)で遊べるので今買うならこれかなって思います。フィーバーとかほとんど人いないですけど身内でワイワイやるときに重宝したりします。
前述した通り私もこれで遊んでます。



・2ぷよ(PC)
存在がグレーなので推奨はしないですけど一番簡単に始められるのはこれかな?
2ぷよ自体は閉鎖しててその派生が今もやってる感じですかね?あんまり手を出したこと無いのであれですがここ意外に人がいます。キーボードだと操作が難しいので慣れかコントローラーかって感じです。



ぷよぷよシミュレータ
http://1st.geocities.jp/mattulwan/puyo_simulator/
http://1st.geocities.jp/mattulwan/puyo_simulator/tokopuyo.html

自由にぷよぷよを置いて試したりとこぷよができるシミュレータ。
ゲームのとこぷよと違って急かされずじっくり考えて置けたりリセットも出来るのでここから練習するのもありだと思います。



・上手い人の動画
観てるとヒントになることが結構あります。というより観てて面白いので退屈しないからここのような長々とした解説を最初に見るよりは動画観てみた方が早いかもしれないです。



レッツぷよ勝負
7~9連鎖は安定してきたよ~ってなったらオンライン潜ってみてもいいと思います。(ぷよテト推奨、クロニクルは強者の巣窟なのでボコられる。)
なんだかんだ、とこぷよとかで練習してる以上に相手がいてどういう風に積めばとかはまた違う話なので習うより慣れろだったりします。私はそういう習う努力を怠っているので未だに腕が上がらないのかもしれませんが。でも、やっぱり実戦で連鎖組んで勝てたら楽しいですしね。

初めて2ヶ月とかの頃の自分です。初心者同士なら牽制とかも飛んでこないので練習で10連鎖組めてたら初めて日が浅くてもこういうことが結構起きます。

比較的最近の私です。2年やっていてこの馬鹿伸ばしなのか…(困惑)とは思いますが、それだけ年数やってても割とこんなもんだったりするのである意味敷居を下げてるってことで。





まあ解説もどきみたいなことはしましたけど、それなら自分みたいなド素人じゃなくもっとぷよ界トップレベルの方がやってる解説(たくさんネットの海にある)を見た方がいいと思います。
でも、自分みたいなへたっぴでも楽しくやってるから一緒にやろ~っていう空気感が伝わってくれればいいなって思います。これだけを伝えたいがためにむちゃくちゃ長くなってしまいましたが。



まあ言いたいことはというと一緒にぷよぷよやりませんか?ということで。これを読んだ方々がぷよぷよに興味をもってちょっとでもプレイしてみてくれたら嬉しいです~。
レッツ、ぷよ勝負!しましょう。



というわけでへたっぴが長々と語ってしまいましたが読んでいただいた皆様ありがとうございました~。




今やぷよぷよe-sportsになって元々ぷよ界で名が知れていた人たちはプロゲーマーになったりすごいね。ちなみによく観てる動画はもこう先生のぷよテトです。

旅の終わりを

Aqours2ndの話ってちゃんとしてなかったなと思って3rd前だし簡単にでもいいから書いてみようかなと思って何となくここに書き記すことにしました。



最初に言っておくと2ndは埼玉公演の初日しか現地に行っていません(チケットに関しては各位本当にありがとうございました)。
それでも時期がよかったのもあって現地に行けなかった分LVは全部行きました。

2ndの頃に感じてたのはツアーなのでそれぞれの公演でどんな風に変わるのかなとか、アニメ2期放映前で告知来るのかなとか、今あるなかでなんの曲やるのかなとか。
全てはあの瞬間にしか感じられないワクワクがあったなあなんて。



2ndライブツアーって「旅」だったじゃないですか。
あれは紛れもなく僕のなかで旅だったんですよ。



ずっと言えなかった「君のこころは輝いてるかい?」でYes!って叫べたり、

ネットでしか交流してなかった方々とリアルで食事会開いて遊んだり、

毎回の公演でAqoursの歌に元気を貰ったり、自分が遠征したってわけじゃないんですけどAqoursの旅を通して人と会うことがほんとにほんとに楽しくて。



1年間コンプレックスを感じ続けてようやく念願かなって大学生になったと思えば、人とコミュニケーションが全く取れず夏を迎え、大学で友達はおろか話せる人も皆無なままほぼ家にしか居場所がない状態でやっぱり繋がりがネットだろうとリアルだろうと画面やCDの向こうにいるアーティストだろうと今なおお世話になっている人達の存在は僕にとって本当に大事なものなんです。

だからこの場を借りて改めて
「ありがとうございます」と言わせてください。
僕から見れば輝いてる人ばかりで、自分で生み出した、生み出せるものが何もない自分からしたら凄く羨ましいほどでした。



あと、自分の弱さというか自分の行いが自分の身に返ってきてる状態でAqoursに胸張れるのかっていうのもずっとあって、だからYes!って言うのもずっと迷ってて。オンリーワンは他人に向けて言うことはあっても自分に向けた言葉じゃないっていう考えがはっきりありました。

いつもの流れみたいでしつこいようですけどYes!を口にできたのはやっぱりBUMP OF CHICKENがずっと前よりも心のピースの大部分を占めてたのが大きいと思います。

彼等の歌うように日常をただ歩いていくというそれだけのその行為すら価値があって大切なんだっていうのを何となくわかっていたからこそYes!って言えたのかなって。

それが自分に対してもう妥協したのかそれとも鼓舞できたのかは今でもまだわからないですけど、後者だったら嬉しいなあなんて。




そして3rdはもう目の前まで来てるわけですけど、やっぱそこまでもなんだかんだ旅だったんですよね、きっと。



ちょっとやってみようぜって遠方から遊びに来た人と一緒に触れたカードゲームが本当に大事なものの1つになったり、

憧れていたBUMP OF CHICKENと同じ事をしてみたくてギター手に取ってみたり、

20歳になったり、

環境変わって制作が始まってから大学でも少しずつ居場所ができるようになったり、

そしてアニメ2期でサンシャイン!!の物語が幕を閉じたり。



ちょっと前の記事でも言ったように千歌ちゃんが自分の道のりを認めてくれたことが僕のなかで全てだったので、サンシャインの物語が本当に心のなかで綺麗にピリオドが打たれているんですよ。



でもやっぱりAqoursの旅はずっと終わらないんじゃないかなって思ってて。

ライブとか劇場版があるとかそういうことじゃなく、結局それにもいつか終わりがあってさよならしなきゃいけないのもまた事実だけれどそういうことじゃなくて、

2ndライブツアーの最初のアニメーションで会場の駅を通り越してAqoursが更に空高く突き抜けていったように、
何処が終点とかいつ着いてしまうかなんてことじゃなくAqoursには目を閉じて一緒に歩いてきた事を思い出せばこの先ずっと会えるんじゃないかなって思ってます。



旅をしてきてきっと自分の何かが変わったわけじゃなくて、ただYes!って言ってのけるほんの小さな勇気さえあれば自分の持っているものに気づけるってだけの話なのかもしれないです。



Aqoursと一緒にずっと旅の終わりを見に行けるかな。
行けたらいいなって思ってます。
僕にとってのAqoursがこのまま変わらず消えてしまいませんように。



f:id:little-demon-uma-u-ma:20180609030208j:plain