ガラスの目をした猫とトコトコ

とりとめのない話をします

「僕ら」は知ってる

藤原基央さん、お誕生日おめでとうございます。



たった数日間だけ公開されたデモから2年経った「流れ星の正体」の新しいバージョンが公式発表されました。
デモの段階でこの曲が凄く好きだったので嬉しかったです。



実際の流れ星って大気で燃え尽きてる最中のものがキラキラ光って僕たちの目に映ってるんですね。
この歌の中にある流れ星は僕たちが自分でまだ気づけていない自分の軌跡だとか生きてた証とかそういうものが見えないまま消えてしまう前にちゃんと見つけよう、何もないと思っていた君の身体からは沢山の音が溢れているんだ、という僕たちがまず良い悪い両方を含めてただ在ることをそれはいとおしいことだと言ってくれているのが凄く優しいです。



「がんばれ」とか「もっとやれるよ」「些細なことだ」とかの言葉は発した当人からすれば激励や鼓舞の意味だったとしても、時としてそれはいま目の前で項垂れている人間、もちろん僕自身も含めて、いまここにいる自分が悩んでいることはじゃあ無駄なのかとか自分にとっては些細なことでないからこれほど苦しいのにと無理解のような言葉になり得るものだと思います。



投げ掛けた言葉が見せかけになるかもしれない葛藤を問い続けてきたBUMP OF CHICKENがずっと僕たちに語ってきたのは僕たちがそこに在ること、それ自体をまず肯定的してくれることに僕は今まで彼らの優しさを感じてきました。
彼らの言葉なら認めることの出来ない自分自身もとりあえずはここにいてもいいのかもしれないと思うことも沢山あって、そしてその沢山の歌の中には「流れ星の正体」もあります。一番欲しい言葉をくれる、そういうことを歌ってくれるBUMP OF CHICKENだからこそ「あなた自身の軌跡は存在して、あなたはまだそれに気づいていないだけだよ」というともすれば慰めのように聞こえてしまう言葉でも僕たちは彼らの姿が近くにあるように聞こえるのでしょう。



一緒に歩んできた僕たちだから、流れ星の正体を僕らは知ってる。

そんなささやかな優しさがこの上なく沁みた歌でした。

結衣ちゃん編 7日目 (終)

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190310014753j:plain


最終日、雨は止みませんでした。
(Normal End)



結衣ちゃんは結局自分の気持ち何も言えなかったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



スキっと晴れ無かったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ




これで終わり………………



これで







終わり?














いや









まだ














f:id:little-demon-uma-u-ma:20190310014926j:plain



まだだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!













今回で12歳。~恋するDiary~の一連の放送はホントにホントに最終回というこで甲賀流忍者!ぽんぽこさん、何ヵ月も楽しい生放送ありがとうございました。
私的な話ですがツラい時期にこの放送を観て何とか乗りきってこれたこともあったのでこの放送は僕にとって本当にいい思い出になりました、ありがとうございます。そして数ヶ月にわたっての配信お疲れさまでした。いつか来る次のゲーム配信も楽しみに待ってます。




12歳。ロスになりそうですが「終わるときがくるから、このゲームからみんな進まないと」というぽんぽこさんの言葉、僕も先に進みたいので、言葉通りの意味の行動ではないけれどもういちどこのゲームを今度はもう一度自分の手で触って初めて先に進めたらいいなって思います。
ハッピーエンドで結衣ちゃんがようやく本音を口にできたその時に僕も先に進んでたらそれがいいな、ということでプレイするぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

繰り返しになりますが最後にぽんぽこさんの配信本当に楽しかったです、本当に本当にありがとうございました。これからも応援しています。

結衣ちゃん編 6日目

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190226234114j:plain

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190226234113j:plain


巡りめぐってここでココナと武智くんがようやく自分の気持ち伝えるのマジ?(落涙)



7日間っていう短い時間が終わったら消えてなくなる関係じゃなくそれが傷跡になってもいいから逃げずに伝えることを選んでたのは2人のことを考えたら手放しに良かったとはとても言えないし、ある意味でそれは自分を傷つけてるみたいな悲しいことなんだろうけど凄く格好よくもあった。どっから目線だって話だけどちゃんと目の前で勝負しに行ったこの2人の12歳を誇りに思う。





f:id:little-demon-uma-u-ma:20190226234626j:plain

桧山くんもここにきてストレートな言葉を連発してきてるから、あとは結衣ちゃんだけだぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
結衣ちゃんの言ってた「桧山のしあわせ」じゃなくて結衣ちゃん自身のしあわせを願って欲しい桧山くんと、そして結衣ちゃん自身が心にずっとかかってる鍵を外して伝わる瞬間が見られたらもう悔いはないです。いや、武智くんもココナも応援したいから悔い出るかもしれんけど。
でもここまで来たら最後素直にならなくちゃいけないのは結衣ちゃんだぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(激励)



はい。



甲賀流忍者!ぽんぽこさん、今日も楽しい放送をありがとうございました。



次の生放送で12歳。~恋するDiary~終わりってマジ?(落涙)




f:id:little-demon-uma-u-ma:20190226235024j:plain

間違いなく12歳。ロス待ったなしなので買って良かった。

結衣ちゃん編 5日目

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190216233448j:plain

4日目まで伝わらないことばっかりだったけど、ようやく伝わった。
ココナちゃんの悪だくみでトイレに置き去りにされた結衣ちゃん。「怖くなったら呼べよ」って桧山くんに言われた通り、助けて…!ってちゃんと言えたからやっと届いた。沢山の伝わらなさを通ってきてようやくなにかひとつの気持ちが伝わった瞬間の当人達を見てたら自分のことみたいに嬉しくなりましたよ。12歳の男の子と女の子が本当に大切なことを教えてくれる。

それでも解決してない問題は沢山あるから全然雨は止んでくれないのもまた凄い。ココナちゃんは前述した悪だくみとかその他の言動で桧山くんから警戒されてるし、ここにきて武智くんは自分の気持ちを誤魔化し始めてる。作品における雨の法則とは言うもののやっぱり結衣ちゃんは桧山くんと上手く行くことだけを良しとしてるわけじゃない優しい子だから雨も1日ザーザーですよ。
桧山くんもようやく伝わった…と思ったら今度は武智くんの異変とかに気づいてまた遠慮しだしてしまったし。「どこにも行くな」まで言えた。言えたのに、「でも(ムリに)つかまえておけない」っていって結衣ちゃんに委ねてしまう桧山くん。いじらしいけど、結衣ちゃんがちゃんと言えたように今度はまた桧山くんが言わなきゃいけないことがあるのかなあ…。今度は言いたくても言えない、伝えられないことじゃなく隠してしまったけど伝えなくちゃいけないことが大事になってくるのかななんて思ってますけども。特に武智くんとココナちゃんは自分の気持ちと違うことを言ってきてしまっているから、そうなってしまってる当人たちも悲しいだろうけど隠してしまった言葉とか気持ちとかそういうものをあの子たち自身が覚悟してサルベージしていければ心の望むままに在ることが出来るだろうし、あと2日でそういうところがちょっとでも見られたら嬉しいなあ…

12歳。実況も残すところあと2日分のストーリーなので、後は雨が止むときみんなの気持ちまでカラっと晴れて終われるのか、どうなるのかきちんと見届けていきたいです。あと、稲葉くんだけあの歳で自分を持ってて全くブレないの凄すぎない?



P.S.
甲賀流忍者!ぽんぽこさん、今日の放送も楽しませてくれてありがとうございました。

『12歳。~恋するDiary~』の結衣ちゃん編が教えてくれる「伝わらなさ」

あるバーチャルYouTuber様が週一でやっているゲーム配信で『12歳。~恋するDiary~』が取り上げられていて凄く面白かったのとそこで思ったことが少しだけあったのでその事について残しとこうと思います。
でもまだ4日目(ゲーム内では7日間のストーリーを体験する)までのお話しかしないので大した話は多分できないです。

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208044511j:plain

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208044526j:plain

キッズキャンプを通して結衣ちゃんと桧山くんの交流を描く…と思いきや

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208044820j:plain

身長高くて寡黙な武智くんだったり

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208044855j:plain

桧山くんを狙ってくるココナちゃん(右)だったりの介入があってどうなることやら…っていうストーリーですけど、これが本当に面白い。間に挟まる選択肢も結衣ちゃんならこう答えるだろうとか本当に答えなきゃいけないことはなんだろうとか真剣に悩まされます。いやマジで。

タイトルにつけたように結衣編は伝えることの難しさが詰まったお話だと思います。
結衣ちゃんが基本的に自分の気持ちを伝えることを遠慮したり一歩引いて周りを見る子なのでほんと悲しいくらい空回りすることも沢山あって行き違いがめちゃくちゃ発生するんですよ。
桧山くんも同じで恥ずかしがっちゃって言えないことが沢山あるせいで伝わりきってないのかなって思うこともめちゃくちゃあります。それが見ててかわいいところだし俺もめっちゃ気持ちはわかるけど。
この二人だけじゃなくココナちゃんもそうです。既に付き合ってる二人を前に桧山くんへの気持ちをどうしていいかわからないから攻撃的な物言いになるばっかりで肝心の桧山くんに伝えることがちっともできない。気づいてる子もいるけれど肝心の本人にはとことん伝わらない、伝えられないってことを4日間ずーっと見せてきてるのかなと思いました。この伝わらなさって一体なんなんでしょう。

ペア組みで一緒になれるわけでもなければケータイでやり取りなんてこともないわけで、桧山くんと一緒になる時間なんて全然ない中で何かを伝えられる時間って凄く限られてるんですよ。

このゲームの選択肢には桧山くんと結衣ちゃんだけの世界を作ることを良しとしない選択肢があって、それは結衣ちゃんが人のことを見られるが故のやさしい選択肢だったりするわけですけど、例えば

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208051228j:plain

桧山くんが結衣ちゃんにシーグラスを渡そうとするシーンがあるんですけど、結衣ちゃんはこれを怪我してひとりぼっちになってるココナちゃんに渡そうとするんですよね。その選択肢がいわゆる「正解」なのは何故なのか?桧山くんには結衣ちゃんの何が伝わってるのか?ってことなんですよ。言い返せば桧山くんは結衣ちゃんのどういうところが好きなのか?で、それはきっと誰かに見せたそのやさしさなんだろうねと。

あと毎晩バンガローの裏で二人が会うシーンがあって、そこでようやくそのほんの少しの時間が出来て言いたいこと全部言えるかって言われたら人が来ちゃったとか恥ずかしいとかいろいろあってそういうわけにもいかなくて、本当はもっと言いたいこと山ほどある中でじゃあ伝わってるものは何だろうという話ですよ。

誤解したまま解散するはめになりかけたり自由行動でも一度別れたあとそのまま会えずに夜になったり、徹底的に伝わらないことが沢山あるなかで自分が一番好きなのは「また明日」っていう言葉です。ここから多分「ここすき」しか言わないので注意してください。



ココナちゃんの介入で桧山くんとの関係に暗雲が立ち込めてる中で桧山くんが「また明日」って叫ぶシーン。結衣ちゃんの言うとおり、「どなってまで言ってくれた」その言葉で一体何が伝わったんだろう。
これは僕の尊敬する人の受け売りなんですけど同じ言葉でもやたらめったら使っていけない言葉があって、「消しゴム取って」「ありがとう」のありがとうと本当にここぞのタイミングで言いたい言わなきゃいけない「ありがとう」は同じにしちゃいけない全然違う言葉なわけで、それが「また明日」って言葉に凄く表れてたなと思いました。今日話せなかったことも、なんか誤解したままになっちゃったけど、伝わらないことだらけで不安でいっぱいだけど、また明日。このまた明日は多分ただ「好き」っていうよりずっと直球な言葉ですよ。結衣ちゃんは寝る前に「また明日」って言葉を何度も思い返しているけど、たったあれだけの一瞬がずっと長い長い時間になったのってああいう時なんじゃないかな。

この言葉はふたりの関係だけに言えることじゃなくてもっと身近な、僕たちが経験する人と人の間の伝わらなさは沢山あるけれど少しでも近づいてみたい、近づいてみようよっていうことに凄く気づかされたというか、12歳の子を目の前にして大事なことを教えてくれてると思います。一から十まで全部伝えきれることはないけれど、だからこそその一を少しでも一緒に確かめ合っていこうよ、という。冗談抜きに12歳。色んなことを教えてくれる。

他にも毎話の終わりに結衣ちゃんのコメントが挟まれるんですけど、肝試しみたいなイベントでペアだった武智くんに頼りきりになってしまったときの結衣ちゃんのコメントが「もっと強くならなきゃ」だったのもそういう意味がもしかしたらあるのかもしれない。仮に無くても、俺はあると言いたいです。

こんな長文書いてめっちゃ応援したくなっちゃう理由がもうひとつあって、放送内で聞けた『爆きゅんボイスカードガチャ』(原文ママ)の結衣ちゃんのボイスが凄く良かったんですよ。「タイムマシンがあったら未来のふたりを見てみたい」っていういじらしさというか、普段気持ちが前に出ていかない結衣ちゃんがずっと信じてるのめっちゃ良いじゃん…みたいな感情があります。祈りみたいなか弱い言葉だけれど、ほんとうの気持ちだから。



バーチャルYouTuber様の実況は4日目のストーリーまで来て残すところあと3日分なので結衣ちゃんはもちろん、ココナちゃんの成長とか武智くんの姿に桧山くんが触発されて成長するとことかあったら嬉しいなあ…
1話1時間と考えると週一配信ではストーリーが気になって仕方がないですがそれを原動力にしているリスナー様を多く見かけるのでやはりゲームは1日1時間ということを思い知らされます。

f:id:little-demon-uma-u-ma:20190208053442j:plain

最後はみんな笑顔で終わって欲しい。
あと多分放送で全話終了したら完全に虜にされてるので多分このゲーム買います。中古でも4000円くらいしてるの見かけまくりなのでもしかしてガチで放送の効果で需要高まったかと思いました。
アニメ版も絶賛検討中です。1話は観ました。



最後に、この生放送主である甲賀流忍者!ぽんぽこさん、いつも動画や生放送楽しく見させて貰っています。これからも応援してます。

バーチャルYouTuber様の本編アーカイブ

Merry Christmas

今年もこの曲の季節になったなーなんて。

ほんとに1年ぶりぐらいにPVといっしょに曲聴いたんですけどやっぱいいですね。



僕クリスマスの街全体が浮わついた雰囲気けっこう好きなんですよ。

自分がどこか遠出するわけでもなく普段通り一日を過ごす日でもそういう雰囲気ってやっぱあって、毎年無駄に受かれてたりするわけですけどそういう特別感に飲まれるのが好きだったりするのかもしれないです。



僕の大好きなBUMP OF CHICKENの「Merry Christmas」。PVでも演奏してるメンバーそっちのけで街行く人は好きなことやってるけどそういう道を歩いてるだけの人でさえ今日は各々が何かしらの想いを秘めて歩いてるようなシーンが心暖まるし、この時期はやっぱりそういうの沁みますね。



別に友人や恋人と過ごすわけでもなく自分の仕事とか学業のことでクリスマスっていう日があんまり実感無い人も僕含めて沢山いると思うんですけど、僕はそれでもああ浮かれてるなって実感できるくらいの心の余裕というか、街全体に心を預けちゃう感覚がこれから先も残ってたらいいな…と何となく思います。

サンタクロースにお願いしようかな。



どこに行かなくても特別な雰囲気にちょっと酔って、少しだけ人に優しくなれたらそれは凄く素敵な事なんじゃないかなってこの曲聴くといつも思います。



今日は僕これからバイト打ったら一日終わるんですけど、何となく今日のやわらかな雰囲気をちょっとでいいからわざわざこんな文章読んでくれた人と共有できたらいいなって思います。



今日はクリスマスイブだけど、皆様Merry Christmasということで。

今年もあとわずかだけどまだまだ沢山お話ししましょ。



BUMP OF CHICKEN、ラブソングマジ!?

つって新曲発表朝から歓喜しました。



ロッテのCMタイアップって2006年に「涙のふるさと」でやってたこともあってそれを色々調べてたら、そのときも最初公開されてたCMは歌だけで 「これはBUMPの曲 (藤原基央の声) だ!」「いやBUMPが『会いにきたよ』なんて言うか?」 みたいな議論になってたらしいですけど、今回も30秒のムービーだけで似たようなこと起きてましたね。

というか僕が勝手になってました。





ラブソングですよってリリースしたものは2000年の「リリィ」が最後 (とは言ったものの当時「天体観測」とか「スノースマイル」とかがラブソングと言われるのが嫌で斜に構えて否定してたところはあるのかもしれないけれど) だったので18年も経ってど直球のラブソング出したことになるんですけど、そのタイトルが「新世界」なのがヤバすぎて一人でゴロゴロしてました。

だって「Merry Christmas」って直球な言葉のときも「ええっ!?」ってなったのに「ベイビーアイラブユーだぜ」と来たらもう驚くでしょう。

別に悪い意味でなくそういう言葉を使って歌うことはないのかなとは思っていたのでなおさら。



そうは言うけどBUMP OF CHICKENの楽曲ってどれもラブソングではあるのかなと。

恋愛の歌としてのラブソングではないけれど、親愛とか慈しみとか、もっと広い意味で触れようとか抱き締めようとか言ってきた人達だったから、今回の曲も恋愛の匂いを漂わせつつも根本にあるものは変わってないんだなって言葉が沢山あったように思います。



あと最近の曲は自分と自分が話すというよりも明確に他者と繋がることを歌ってるのが多くなってるのかなと。

目の前に今はいない誰かのことを歌った「話がしたいよ」だったり、手を繋いで世界の中心を作った「Spica」だったり、ライブツアー終えてBUMP OF CHICKENの4人が何を感じたのかはわからないけれど明確に他人のカタチが出てきてるなあと思います。



「新世界」っていう言葉通り、BUMP OF CHICKENはまた新しい領域開拓したんだなってただそれだけはハッキリと感じました。

チープな言葉ですけど確かに言えるのはそれですね。




もう書くことないので最後にこの曲の一番好きなところだけ言うと、



「君と会った時 僕の今日までが意味を貰ったよ」

「明日がまた訪れるのは 君と生きるためなんだよ」



っていうように、「君」から何かを貰うことから始まった「僕」が最後には自分の意思で意味を見つけてるところが今のところお気に入りです。



そうやって自分の意思で言い切れるところまで来た後にそれでも最後に伝えたいのは、

「僕の今日までが意味を貰ったよ」

なのが自分はめっちゃ好きです。






f:id:little-demon-uma-u-ma:20181212214242j:plain

ベイビーアイラブユーだぜ